2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

大雑把な理解で交渉しない … わからなければ、時間稼ぎで情報を引き出そう。

【21//2013】

人は重要なことを決定し、実行する際には、何か目的や理由、根拠があります。

交渉では、相手のそういうものを正確に迅速に把握することが必要です。
そういうものがわからないと、間違った判断を下し、交渉で不利になります。

よくある間違いは「だいたいわかっている」「おそらくこうだろう」とやってしまうことです。
交渉では「だいたい」「おそらく」で判断するのは駄目です。
そういう大雑把に思い込んでいると後手にまわることになり、交渉は不利になります。

ま…そうはいっても、相手の意図がわからないことは、よくあります。
そういう時は、出来れば時間稼ぎをしましょう。

時間稼ぎをすれば、相手の決定や行動がよくわかる場合もあります。
焦って、ある事柄について早急に返答を求めたりすれば、そこに相手の意図を知るきっかけが見つかるかもしれません。
また、早急に返答を求めるということは、相手にとって「何か急ぐ理由」があるということです。
急いで話をまとめないとまずいことがあるとしたら、そこは交渉では有利な条件を引き出す可能性があるということです。

関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks