2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

感情を無視した交渉は駄目だよ

【16//2013】

人間は感情の生き物です。
よく女性は、感情的。
男性は、理論的。
そういうことを見聞きするでしょうが、同じです。
書店の本に「男性は理論的。女性は感情的。」とあるのは、どちらかと言えば…という極論です。
そういう風にした方が、解りやすく、読み手の目を惹きます。



交渉を行う場合、人間の感情に注意しましょう。
論理的に矛盾しないようにすることは、勿論、重要なことです。
しかし、論理的に交渉が行えるには、相手が「交渉する気持ち」にならないといけません。



例え、自分の主張や提案が、利にかなうもので優れていても、相手が取り合わないと交渉にはなりません。

よく離婚後の面接交渉権を無視する親権者がいます。
親権を失った親が子供と面会する権利は基本的には認められていますが、正当な理由もなく、子供と親権を失った親との面会をさせないのです。
親権を失った親が、裁判所に相談すれば、裁判所は親権者にそれなりに勧告や再度の話し合いをするよう相手方に勧めてくれますが、応じない場合も多くあります。
条件によっては、面会を拒否すれば、その都度、数万円取り上げる(この表現は問題かな?)ということもありますが、それでも応じない場合もあります。
おかしなことですが、親権者がこういうことを行っても、裁判所は面接交渉権を保障する為に積極的に動いてくれることは、そんなにありません。
この国では、親権者の権利は守られても、親権を失った親の権利は蔑ろにされ気味なのです。
言い過ぎかな。


弁護士と相談し、裁判することもできます。
しかし、離婚により子供の気持ちを傷つけたことに負い目を持つ親権を失った親の中には、これ以上、両親が争う姿を子供に見せたくないということから、泣き寝入りしている人も多いのです。

最近は、少し改善する動きもありますがね。


これなんか、法的に正しいのは、面接交渉権を持つ親です。
でも、離婚時に感情的に揉めたことが、子供と面会することを阻害し、その後の交渉までもできないことに繋がっています。
現実的には、厳しいことですが、離婚時に離婚条件を有利にする交渉だけに注意せず、相手の感情に注意し、感情を和らげることが上手く出来ていれば、違う結果になった可能性もあります。

ま…殆ど、無理だろうけど…。





ビジネスでも、よくあるでしょ。
せっかく売り上げを伸ばす方策を考えて、ある程度、段取って、会社の上司のgoサインだけなのに、何故かダメな時。
理屈や実績から、「いける。」ことを資料揃えて説明してもダメ。
普段の上司の考えと照らし合わせても、いくしかないでしょ、と説明してもダメ。
何度も説明しようとしても、遮られてしまい、挙げ句に、仕方のない同僚のアイデア採用、失敗。

論理的に考えて、受け入れられる提案が拒否され、交渉さえまともに出来ない場合、上司の感情で拒否されていることも案外、よくあることなのです。


ここから先は、無駄話。


勤め人の頃、とある零細企業で、わたしもそういうことによくあいました。
わたし、仕事中は緊張感を持って仕事をしたいので、仕事中、お客さん以外には笑いません。
上司はある程度、冗談も仕事中に言い合う職場にしたかったようです。
職場では、みんな、よく冗談を言い合いました。
雑談も手を止めてよくしてました。
みんな、仕事の能力は低くはありませんでした。
会社の雰囲気も悪くない。

だから、浮いてました。
休憩時間以外は、冗談も言わず、笑わないので、周囲からすれば、ちょっと声をかけずらい。
上司は、気に入らなかったのです。

ある時、会社の売り上げを伸ばすチャンスに思えることを見つけました。
上司に提案しましたが、やんわり却下。
何度も掛け合いましたが、その都度、やんわり却下。
何度目か掛け合う際に
「おまえの提案や意見は取り上げることはない。」
「俺のことが気に入らないんだろう。」←上司の冗談を普段、聞き流していた。

駄目だと思ったので、休日に社長に提案を直訴しちゃいました。
わたしの提案は通り、会社は結果として売り上げを伸ばすことができました。
ま…上司から無視されまくられました。

その年のボーナス。
みんな、例年の1・5倍の支給。

わたし、0・8倍の支給。

仕事に直接、関わるところの査定は、ほぼ満点。
でも、「わたしには知らされていない研修参加が」0点。
ご丁寧に、例年通りのボーナス支給を受ける為に必要な点数より、1点足らないようにしてました。


わたし、退職願いを数日後に出し、数ヵ月後にそこを辞めました。
阿呆なので、最後の日にボーナスを上司にそっと返却しました。
社長含めみんなが何か言ってあわてふためいてましたが、頭に血が昇ってましたので、聴こえませんでした。

まだ、その会社あるし。
年に1回くらいそこの会社の人間と顔を合わせることがあります。
現在は、わたしの会社の方が規模も売り上げも上なので、顔を合わせても気にはなりませんが、以前はちょい嫌な気持ちになることもありました。


先日、その会社の元上司(現在は専務)が、わたしの会社に来ました。
余計なこと言わなきゃいいのに
「○△さん(わたし)は昔は血の気が多くて…」
と昔話をしました。

わたし、ビジネスなら嫌いな相手でもしてます。
喧嘩した会社でも、仲のよい会社でも、関係なく付き合います。
感情は捨てるんです。

でも…

「専務。うちもそちらも儲かる話ですけど、その話は断ります。」
と言っちゃいました♪

「あんたが気に入らないから」

うちで一緒に働いてくれている人も含め、みんな、唖然としてました。
ま…ほぼなにもしないで、儲かる話だったので。

ま…先月末まで研修の受け入れもあり、遅れ気味の既存の仕事に注力したいのもあったんだけど。

あとで幹部からは随分、文句言われました( ̄▽ ̄;)
「上手く断って下さいよ!!」


関連記事
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。