2014 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 05

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

本当に儲かる話…ネットではそういう情報はありません!!

【10//2014】

世の中に確実に儲かる方法はあります。
でも、違法な方法であったり、結構な資金が必要だったりします。

ま、ネット上ではそういう情報は知ることは出来ません。
知り得ても、わたしを含めて多くの人には出来ないんです。



でも、確実ではないけれど、儲かる可能性の高いことは、ほとんどの人はできます。
インフレ率を含めれば、実質、少し損してしまう可能性はありますけど…

預金、インフラ関連やメガバンクや大手商社の株の購入(買い足しても売らない。)…こういうこと思いつくでしょ。
そういうことやればいい。

金利が…
元手がいるじゃん…
価値下がるかもしれない…
時間がかかる割には…


でも、すべてを失う可能性は50年以内では限りなく低い。
堅実なお金持ちは、こういうのを押さえているんだよ。



このblogのはじめに書いているね。
ウォーレン バフェットの鉄則。

まず、絶対に損しないこと。
次に、これを厳守すること。
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

時間とお金を交換することがビジネスです。

【10//2014】

起業や独立する人はね、時間というものについて、よく理解しておかないといけません。
世の中の製品やサービスの多くは「時間をお客さんに売っている」ということを絶対に理解しておかないといけません。


例えば、洗濯機がなくて、家族みんなの洗濯物を手洗いするとすれば、長時間、その事に時間を浪費することになります。
でも、洗濯機あれば、大幅に時間の浪費を避けられます。

キャバクラなんかもそうです。
おじさんが若い女の子にチヤホヤされようとすれば、結構な金額と気を使わない(マメさが必要だが、間違うとストーカーだ)といけません。
キャバクラで1セット数千円払えば、そういう時間を必要としないでいいのです。
その結構な金額を稼ぐ時間と気を使う時間をキャバクラは売っているんです。
※ただし、中毒性があり、普通に女の子を口説く以上にお金を使う人もいます…

料理店もそうです。
普通に作って食べるだけなら、大して時間をかけずに料理できるにしても、「おいしく」料理を食べるなら料理の腕前を磨く修行時間も必要ですし、材料を目利きし手にいれる手間も必要ですし、清潔で趣のある空間(照明のあてかたやら音楽やら含む)についても研究しなくてはいけません。
自分で「本当に美味しい料理」を作り、食べることは膨大な時間がかかるのですが、それをお金と交換しているのが料理店です。
※ま、そうでない店もありますか(大衆食堂とか)、少なくとも結構な金額を使わせる店が、お客さんを不愉快にさせる場合は非難されて当たり前です。




時間を金銭と交換しているのが、ビジネスです。
そこらへんがわからない人はね、絶対に起業や独立しても失敗します。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久々ですな♪

【09//2014】

久々のblogの更新になります。



世間では色々とありました。
きゃりーちゃんが新曲出したり、転んだりと。
あ、オルフェーブルも引退しちゃいました。
凱旋門と有馬は現地で見ました。

あと、なにか世間であったっけ…ま、いいか。



じつはこのblogを更新しない間に、わたしはわりと大きな騒動を沈静化させるためにあたふたしておりました。
例のゴーストとかなんとか細胞の一件は、ここ数日に知りました。


以前、記事に「敢えて組織を大きくしない」ということや「一度出来上がった組織を変えることは難しい」ということを書いたのですが…わたしの会社の一つが「吸収合併」をしようとしてしまいました。
わたしそれに反対でした。
しかし、諸事情によりゴーサインだしちまいました…


結論を先に書くと「時間を大幅に無駄に使いました」。


吸収される企業で働く人に「どうして吸収されることになったのか」ということを真摯に受けとめる空気が全然ありませんでした。

「あーこれで給料上がる」←うちの会社は地域の同業では給料が高いから。
「首切られなくていい」←うちはこれまで最低限の戦力なので首を切ったことがないから。


わたしね。
その会社は信頼できる人間に任せているので、しばらく黙ってました。



でも、ある日、限界がきました。

仕事しないから。



「仕事に緊張感ないから、吸収されることになったこと理解してる?」
「なんで、仕事しない人間に給料保障しなきゃならんの?」
「そんなに前がよければ、資金あげるから、会社立ち上げてやれよ。」


吸収先にいた社員の半分近くが、マジで会社立ち上げました♪←しかも、引っ込みつかないので、わたしの個人マネーで。



それから残った人達を再教育していましたが、会社立ち上げた人が引き抜きしようとしたり、うちの会社の情報探ろうとしたり…。


わたしが現在、メインにしている会社が忙しい時期だったこともあり、連日、対応で泊まり込み状態でした。


で、先月のこと、相手方は解散することになりました。
何人か泣きついてきましたけど、知りません。



ま、やっと落ち着いてきましたので、今後は少しは記事を書けると思います♪

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。