2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 04

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

組織を再生しなくてはいけないリスクをとるよりも・・・

【21//2012】

 組織を変えるということは困難なことのひとつです。
 はっきりと言えば、組織を初めからつくる方が簡単です。

 ですから、私は現在の会社を立ち上げる上でひとつルールを決めました。
 「しばらくは自分の目が届く範囲内の規模にする」

 目が届かなくなり、組織のことを把握できなくなると、段々と組織は駄目になっていくのです。
 
 このことは実感している人もいるでしょうし、世の中の企業をみればわかることです。


 
 駄目になった組織を再生することは余程覚悟しないとできません。
 それよりは、そうならないように常に目を光らせておく方が楽で確実です。
 
 そのためには闇雲な組織の規模の拡大をしてはいけません。
 自分のビジネスの規模をしっかりと認識しておくことが必要です。

 

 

 
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ギャンブルか勝てるよ・・・確率は異常に低いし、勝ててもつまらんけど。

【21//2012】

 競馬の払い戻し金は、JRAが集めたお金の25%を抜き取った残りから支払われます。
 ですから、仮にみんなが馬券を当ててもちっともいたくもかゆくもありません。

 ちなみにギャンブルの胴元が抜き取るパーセンテージは中央競馬が世界で一番高いと思います。
 大王製紙で話題になったギャンブルですけど、ベガスのカジノだってこんなに抜き取りません。


 ですから中央競馬の馬券を買っている人は非常に勝ちにくいということを認識していないといけません。
 しかし、負ける人はそのことが、まずわかっていません。

 回収率100パーセント・・・差し引き0の人はほとんどいません。
 週刊誌の怪しい競馬情報会社の広告によれば1割くらいだと(笑)。
 本当かどうかは知りませんけど、そんなもんなんでしょう。

 ちなみに以前書いたのですが、私がガチで週末に馬券を買っていた数年間の年間の回収率は軽く300は超えていました。
 120超えれば「凄い」らしいですけど、レースを絞ることができればそんなに難しいことでもありません。

 ちなみに競馬新聞の記者さんの予想どおりでも年間収支マイナスになってる場合が多いですが、あの方たちは仕事なので全部のレースを予想しなくてはいけません。
 自信がないレースやよく知らん馬のことも予想しなくてはいけないので、あの人たちの中にはしっかりと年間収支が大幅にプラスの人もいるはずです。

 
 で、別に自慢を書きたいわけではありません。
 


 ただ
 
 「命の次に大切なお金をギャンブルに使うな」

 と書きたいだけです。

 
 
 どんなギャンブルは胴元にどうしても有利にできています。
 どんな必勝法を編み出しても胴元に大抵負けます。

 カジノのブラックジャックのあるルールが一番胴元との差が少ないと思われるのですけど、それだって、かなり訓練をして確率について理解していないといけないくらいです。

 私は競馬ではトータルでは損していません。
 年間の重賞レースに1万円賭けて全て外し続けて30年間くらいでもマイナスにはなりません。

 私は虚しさで辞めましたけど、じつはもうひとつ理由がありました。
 突き詰めるほど、データ化できない不安要素がたくさんあることがわかるのです。

 でも、そこがわからないとデータの信憑性が崩れてしまう。

 そういうことがたくさん見つかるのです。



 例えば、競馬場がリニューアルしてコース形態が変わるだけで以前のデータは使えません。
 スタート位置が変わるだけでも年間では随分データが変わったりします。
 芝の種類やダートの質が変わるだけでもデータが使えません。

 ですから、そういうことがあるとデータの取り直しです。
 ・・・疲れるでしょ。
 ・・・もう読むだけで。
 ・・・この作業は楽しくはありません。
 ・・・負けるとお金はパーですから、負けることはできません。

 それに新たに話題の種馬が出てくるとその産駒の傾向も調べておかなくてはいけません。
 新しい種馬の産駒ですけど、初年度の場合は調教師も牧場の人もよくわからない場合が多いのです。
 何世代か産駒が走り調教師や牧場も傾向がわかるくらいです。
 ですからダート向きなのに芝に使ってきたり平気でしてくる場合もあります。


  ガチでやろうとすれば物凄い時間つまんない作業をしなくてはいけません。
  しかも労力が報われるどころかマイナスのリスクがかなり高いのです。
  馬鹿みたいでしょ(笑)。




 さて、それでもギャンブルしますかね。

Category:

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

株で損しない方法・・・究極は取引しないことだけどね(笑)。

【21//2012】

 私は株を買っています。
 基本的には売りません。

 売る必要がない株しか買わないから、取引は買いだけです。


 
 株で損している人にいくつか尋ねたいことがあるのですけど、いいですか?

 「なんでわからない会社の株を買うの?」
 「なんで売らなきゃいけない株を買うの?」
 「なんで投資でなくて投機をするの?」←短期売買取引をするの?
 「なんでそんなにたくさんの銘柄を取引するの?」

 ・・・このことを考えて、逆のことをするだけで、これまでより確実に損することは減ると思います。




 そして、最後に

 「なんであなただけは儲かると勘違いしたの?」

 ・・・ここに根本的な問題があると思うよ。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

努力する時間を確実にとるなら、睡眠時間しかないよ。

【21//2012】

 忙しい長期間の仕事が続く時、当然、体調管理のために夜はさっさと眠ります。
 でも、起業したいとか、現在の状況を変えたいと思っているなら、それでは駄目です。

 少しだけそこで睡眠を削って努力しなくてはいけません。

 人間、6時間くらいしっかりと眠れれば、次の日にそんなに疲労は残しません。
 あなたが何時の起きているのかは知りませんけれど、そこから逆算して6時間前までは起きて何らかの努力をしなくてはいけません。

 それができる人とできない人は人生において大きな差がつきます。

 
 また苦労話を書くのですけど(笑)、私、起業前には昼はサラリーマン、夜はアルバイトしていました。
 正直言って睡眠時間はあまりありませんでした。
 
 でも、それでも自分がやりたいことについて勉強していました。


 同じような人はたくさんいます・・・というか、起業してある程度の上手くいった経験のある人は、みんなそうでないかな?と思っています。
 起業した人と話をしていると同じような話は普通に聞くのです。

 
 「あの人は苦労なく起業して成功したみたい・・・」
 たしかにそんな人もいます。

 でもそれよりも睡眠時間削って成功した人の方が多いのです。
 それにね、自分は若い頃に数時間しか眠らなかった・・・という話はしたくない人だっているのです。
 私はブログでは結構、偉そうにこういう話を書きますけれど、自分の苦労話の類は話はしません。
 若い人からすればうっとうしく感じられることをわかっているからです。
 私自身、そういう年寄りの話をうっとおしく感じていたわけですから。

 また、スマートに起業して成功したみたいな方がカッコいいみたいに思う人もいるわけです。
 私も会社の人間に対してはそうです。
 


 さて、今日もさっさと眠ってしまいますか?

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

相手にも華を持たせる交渉が理想です。

【19//2012】

 トラブルの解決と業界の信頼を維持するために、ある会社と交渉をおこなってました。
 2日前に終わり、昨日、交渉内容を実行したのを確認しました。
 細かい部分で残っていることもありますが、これで一応は終了です。

 少し疲れたので、明日と明後日は休みにする予定です。

 ところで交渉事を行う際に気をつけることは何でしょう?とメールを何通か戴いていたので解答します。

 

 交渉事で少し気をつけることは
 「どこをとっても自分が有利」
 という交渉はしないことです。


 どこかで相手にも華をもたせてあげることが大切です。
 そうすることで、相手方との関係にしこりを残すことを避けないといけません。

 また、相手方に華を持たせることで、相手方から信用されたり、周囲から高い評価を受けることができます。
 それは長くビジネスを行う上で非常に大切なことなのです。

 ですから、私は相手方と全面的な対立になっても構わない場合、周囲に理解が得られている場合でしか自分の言い分を全て呑み込ませる交渉はしません。

 ・・・ま、今回はこの2つの場合にあたっていたので、交渉相手には言い分を呑み込ませました。
 相手方は根にもつことでしょうね。


Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。