2011 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 09

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

おやすみなさい・・・今日はダイアナ元皇太子妃の命日です。

【31//2011】

 うう・・・今日は疲れました。
 明日から、大きな仕事が入るので、打ち合わせがありました。
 オナニーする元気もありません。
 もっとも、しなくても、たたなくなってきましたが・・・。

 ところで今日が何の日か、わかりますか?
 ダイアナ元皇太子妃がなくなった日です。
 だから、なんだといわれれば、困るんですが(笑)。

 ダイアナ元皇太子妃が離婚した時、じつはエリザベス女王が暗殺を命じたという話がありました。
 ですから、亡くなった事故が起こった時、一部で、英国政府の策謀ではないかと言われました。

 その根拠なんですが、英国、こういう時にエリザベス女王が暗殺を命じても罪にならない法律が現在でもあるのです。
 嘘みたいな話なんですが、事実のようです。
 ただし、映画007の「殺しの許可証」は存在しません。

 ですから、起業や独立を目指す人は、エリザベス女王を怒らせてはいけません。
 
 おまけにエリザベス女王は「カナダ」「オーストラリア」の現在の国家元首です。
 ほかにも色んな国の国家元首をしています。
 形骸化しているのですが、これは事実です(まじです。)。

 ひとつ、おりこうになりましたね。
 それでは、おやすみなさい。ちゅっ。
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

すまん・・・これ、するーしてもいいよ。

【31//2011】

 勝負事では、ポカすることがあります。
 やらかした直後に
 「あああああああああああああああああああああああああああああ・・・」
 と叫びたいしょうもないミスをしでかすことがあります。
 
 ビジネスでもそうです。
 同業他社とあることで争っている時は、特にそうです。

 私、いいかげん仕事の達人(笑)になってもいいはずなんですが、やっぱりミスします。
 ミスした瞬間、周囲の人達が固まるレベルのこと一年に一回くらいしてしまうことがあります。

 そんな時の対応は二つです。

 ひとつは撤退すること。
 挽回できないことを引きずるのが、損失を大きくするからです。
 
 もうひとつは、相手のミスを待つことです。
 
 私は9割9分前者をとります。
 それが一番堅実な方法です。
 
 しかし、損失はこれ以上でないと確定し、相手が自分の優位に気がついていない場合のみ後者を選択します。
 


 よくわかりづらい説明ですみませんね(笑)。
 わかるように書くと、私、特定される可能性があるのです。 
 これとこれとこれの会社やっていて、夜、お店やってるという話をすると地元だと、私が誰だかわかります。
 ですから、仕事の体験話をそのまま書けないのです。

 ま、自分の仕事に当てはめて理解できる人は理解できるといいな、と書きました。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

本当に顧客のために仕事ができているのか、かんがえよう。

【31//2011】

 私の会社の商品は「サービス」です。
 複数ある会社のどれも「サービス」を顧客に提供し、対価をいただいて成り立っています。

 私のビジネスは「利益率の高いビジネス」と「効率の高いビジネス」を目指しています。
 しかし、そのために仕事が顧客を無視したものにならないように気を配っています。

 私の会社では、「仕事の手順が顧客を無視したものになっていないか」をよく話し合います。
 「仕事のやり方としては、この方が効率的だが、ここで顧客を待たせているね。」
 「仕事のやり方としては、この方がコスト下げれるけど、顧客は快適ではないね。」
 と問題点を挙げます。

 そして、「利益率と効率」を考えながら、顧客が満足するサービスをみんなで考えます。

 
 私達の仕事はあくまで、顧客がいて成り立つものです。
 会社の都合で顧客が不便や不安や不満を感じてはいけないのです。
 
 会社の都合を優先するサービスなんて、サービスでもなんでもありません。

 起業や独立を目指している人は、このことを忘れてはいけません。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

量より質、但し上級者のみ・・・初心者や未熟な人は「質より量」

【31//2011】

 何かを訓練したりするときに、よく聞く言葉に「量より質」という言葉があります。

 勉強でもスポーツでも、集中しレベルの高い訓練するほうが短い時間でも、だらだらと長い時間訓練するより上達するという話をする時によく使われます。

 この言葉、正しいと思いますか?


 私は少し違うと思っています。
 だいたい正しいけど、
 「但し」が加わります。

「量より質、但し上級者のみ」
 と思っています。

 その理由を書きます。

 まず、基本ができていない初心者や未熟な人に、高いレベルの訓練はできせん。
 そもそも何も理解できていないので、何がポイントか、どこをどうするのかわかりません。
 それなのに集中して何かを行っても、的外れな間違ったことをやるだけです。
 訓練の効果なんて期待できません。
 
 「量より質」で構わないのは、基本が理解でき、身についている人だけです。
 そういう人は「量より質」を重視した訓練が必要な場合があります。
 何がポイントかわかるので、「量より質」の訓練で効果が期待できます

 初心者や未熟な人は
 「質より量」です。

 低いレベルで構わないので、たくさん訓練することが重要です。
 だらだらでもいいと思います。
 大切なことは、たくさんこなすことです。
 たくさんこなしていれば、どこかで基本が理解できはじめます。
 理解できはじめると、ポイントがわかり、自然と何をしなくてはいけないのかがわかります。
 少しづつ、ポイントが見えてきます。
 そうなると、訓練の効果が期待できるようになってきます。

 だから、初心者や未熟な人は
 「質より量」
 です。
 とにかく、こなすことが何より大切なのです。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

サイコロの目は6分の1でどの目も出現しません・・・そう思う人は頭でっかちです。

【31//2011】

 さいころの目は6通りの目があります。
 ですから、確率ではどんな目でも6分の1で出現する、と言われています。
 長期にわたり、サイコロをふれば、限りなく6分の1の確率になる、と多くの人が疑いません。
 
 でも、それ本当だと思いますか?

 正しい答えは、

 「本当ではありません。」
 です。

 サイコロの目は、1の部分が他の面と較べてえぐれています。
 それが影響して、どの目も6分の1では出現しません。

 サイコロの目がどんな目でも6分の1で出現するには、どの面も同じ条件でないといけないのです。


 こんな間違いが「正解」として、誤解されるのは、頭でしか考えないからです。
 きちんと手で触れて、どの面も同じ状態かどう気がついていれば、普通にわかることです。


 起業や独立で成功するには、これと同じで
 「通説が本当に正しいのか考え」(理論上、通説を成立させる条件を理解すること。)
 「現場で気がつく」(通説が成立させる条件が成り立たないことに気がつく。)
 ということが重要です。

 例えば、「布団を販売していて、販売価格をこれ以上は下げられない」とします。
 仕入れ担当が、これ以上のコストを下げられない、と言っており、誰も疑わない状況だとします。
 そういう時に、
 「輸送する時に圧縮袋にいれて圧縮すれば、一回の輸送で運べる布団が多くなる。」
 と気がつけば、輸送コストを下げ、その分、布団の販売価格を下げることが可能になります。
 布団を使う人は寝るときにふっくらしていれば、いいのです。
 別に買うまでから、膨らましておく必要性がないのです。

 できない、と周囲が言うからそのまま言葉を鵜呑みにしては、同業他社より一歩先にすすむことなんてできません。
 本当にそうなのか、そうなる原因は何か、原因の中で改善できる部分はないのか、改善したらどうなるのか、常にそう考えることが大切な成功のルールです。

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。