2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

カテゴリ:アフィリエイト の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

簡単にできるブログランキングをあげる方法とブログランキングの意外な使い方・・・その4

【17//2012】

 「簡単にできるブログランキングをあげる方法とブログランキングの意外な使い方・・・その3」の続きの記事です。

 所属カテゴリーを変更することで、既存の訪問者を失わないために必要なことを書きましょう。

 ①常に記事の更新を行い、ブログの量、次に質を高めること。これが基本。

 ②足跡機能に残るブログや自分のブログへのコメント、訪問者数から、どういう記事に興味をもち、いつから自分のブログに訪問しているのかを分析すること。←これが割と大切。

 ③たまにわざと記事の更新を止めてみて、その様子を観察する。←これはリスクが高いですが、やってみると色々とわかります。



 ①はできるだけ、訪問者を集めるために必要なことです。
 そして、興味ある記事を提供し続け、ブログランキングでなく、ブログそのものに興味を持ってもらうために必要なことです。
 これができないと、後に書くことは意味を持ちません。


 ②は自分のブログの訪問者層なんかを知ったり、喰いつきのよい記事を知るためなどに必要です。
 わたしのブログなんかもそうですけど、意外な記事の評価が高かったり、続きの要望があったりします。
 そういうことを知っていれば、所属カテゴリーの変更があっても、ブログに継続して訪問してくれる人を一定数は確保できます。
 

 ③は所属しているカテゴリーの変更のタイミングを計ったりする場合に必要です。
 記事の更新をしてもしなくても、ブログランキングに変動がない場合や訪問者数に変わりがない場合は、所属カテゴリー変更を考えないといけないタイミングかもしれません。

 

 さて、所属カテゴリーを変更する際ですが、必ず所属カテゴリーを変更することを告知してください。
 所属カテゴリーのブログランキングしか観ていない人は、ブログ自体が削除されたと勘違いしてしまう可能性も若干ですが、ありますので。

 そして、所属カテゴリーを変更するが、こういう記事は今後も書いていくだとか、も知らせてください。
 


 ま・・・以上で質問の回答記事を終了します。

 とにかく「既存の訪問者の訪問を維持しつつ、新たな訪問者を確保」できるように工夫してください。
 たんに所属カテゴリーを変更するだけなら、あまり意味がないどころが、既存の訪問者を失うことになりますので。



 
スポンサーサイト

Category:

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。