2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:起業の基本 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

起業や独立で成功するポイント。

【15//2010】

 起業や独立をして成功やすいのは、薄利多売のビジネスではありません。

 薄利多売のビジネスは、とても集客がしやすいのですが、とても大きなリスクを背負います。
 主なリスクとしては、「在庫を抱えること」が上げられます。
 利ざやが少ない上にライバルも薄利多売で挑んできた場合、在庫を抱えないようにするために更に薄利多売をしなくてはいけなくなります。

 ですから、起業や独立して行うビジネスは「付加価値のあるビジネス」や「高い質のビジネス」、「高い信頼性のビジネス」、「顧客ひとりひとりに対応したビジネス」を行い、しっかりと利益を確保して行うことが良い、と思います。

 安くないビジネスは薄利多売より集客がしにくい、という面はあります。
 どうしても、客の多くは価格が低い商品やサービスを求める傾向があります。
 
 しかし、一方で価格よりも質を求める客もいます。
 そういう客だけに客層を絞ってビジネスをするのです。

 質を求める客はすぐにつかまりません。
 ですから、時間がどうしてもかかります。
 しかし、質を求める客から認められれば、口コミで少しづつ顧客ができます。

 薄利多売で掴んだ顧客は、より価格が低いライバルがでてくれば簡単に離れていきます。
 しかし、質で自分を選んでくれた顧客は価格が安くなくとも、質を高める努力をしていれば、離れていきません。

 顧客が離れにくいということは安定した収益が計算しやすくなります。
 ある一定数の顧客を抱えることができれば、薄利多売のビジネスよりも高い利益率を維持できることもあり、ローリスク&ハイリターンのビジネスを安定して行えます。

 こうした質で勝負するビジネスは大変そうに思うかもしれません。
 たしかに大変ではありますが、経営的には薄利多売のビジネスをやっている人よりも楽です。
 
 
 こうしたビジネスを行う時に大変なのは、スタートの時です。
 ビジネスが成立することができるまで、時間が掛かることです。
 
 ですから、出来れば運転資金に少し余裕があるほうがいい、と思います。

 また少しでもスタート時の初期投資を抑え、月々の固定費を抑えるシステムを初めから作っておくことが大切です。

 せっかく良いビジネスを起業しているのに、十分な固定客がつく手前で挫折する人というのは意外と多いようです。

 初めは小さな規模から行いましょう。
 
 

 こうしたビジネスの集客は容易ではありません。
 考えられる集客方法はできるだけ行うことが必要です。
 経験を少し書くと、そうやって「たまたま来た」少ない客の口コミの評価が一番集客に繋がりました。
 ですから、ひとりひとりの客に対して「どう仕事をするのか」ということが大切です。
 きちんと仕事をこなすだけでは不十分です。
 
 そこに「何かを加えること」が不可欠です。

 それが客の胸に響けば、客は顧客になり、顧客は客を呼んでくれます。

 突き詰めれば、ファンをつくることが、ビジネス成功のポイントです。

 
スポンサーサイト

Category:

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。